YouTubeによる広告収入

動画による広告収入のビジネスは今や一般的になっています。特にYouTubeを活用した動画ビジネスに関してはかなりの収入を得る方々が出てきているのも実態です。

しかしながら、企画から撮影、PRに関してまで全てを1人で行っている事は非常に少ないと思います。自分自身がYouTubeで収入を得ようと思った場合、すべてを垂直統合型のビジネスで行う必要ないのです。自分自身がスマートフォンで撮影をすることに対して自信があれば友人やビジネスパートナーを探してきて副業として収入を得る事は十分にできると思います。

実際にYouTubeにアップされているような動画に関しては撮影そのものはスマートフォンで行われていることも多く、誰であっても簡単に撮影することができるからです。
もちろん水平器やマイクといった周辺機器を購入する必要はありますが、この辺はビジネスとしてトータルで考えていけば良いでしょう。

そして、どうしてもYouTubeばかりに目が行きますが、他の動画のプラットフォームに関しても同じような考え方が可能だと思います。
むしろ、まだまだ開拓されていない動画のプラットフォームに自分自身のあと本を活用した動画をアップロードすることによって広告収入を得ていくような試みを始める事は非常に有効だと思います。
もちろん副業が大前提ですから勤め先にも了承得る必要がありますし、メインのビジネスとして考える必要もありません。

あくまでもお小遣い稼ぎからスタートし、場合によっては大きな収入になればありがたいと言うくらいの心持ちでスタートした方が安心でしょう。
実際にはこのような動画の広告収入のビジネスについては本当に儲かる割合が低く、自分自身がどの程度稼ぐことができるかなど明確にはならないからです。

もちろん、最終的に副業として始めたこのようなスマートフォンの撮影が企画から広告収入を得るまでの垂直統合型のビジネスとして最終的に自分自身が独立を果たすことにつながる可能性もあります。

正直なところ最初からこのラインを目指して始めるのは非常に難しいと考えた方が良いと思います。
まずは、自分自身でスマートフォンを活用してユーザにわかりやすいメッセージ性がある動画をどのように撮影するかと言うテクニックを身に付けること、企画を一緒に考えることによってスキルを身に付けていくことが副業としては非常に重要なポイントになってこようかと思います。