YouTuberは稼げる?

今頃はテレビや雑誌などで「YouTuber」がよく取り上げられていますよね。
YouTuberとは、動画配信Webページ「YouTube(ユーチューブ)」へ自作の動画を投稿する人を指します。

では「投稿した動画の総復活時」「チャンネル登録者数」などの一定の要件を満たし査定に通ると広告収入を受け取る事が可能なため、広告収入で暮らししている人もいるんですよ。動画の中身は諸々な玩具や道具の使い方を面白おかしく解説したり、歌や楽器の演奏を行なう、ペットの様子を撮影するなど投稿者によってさまざまです。

視聴する人が満喫できる動画を投稿すると一新回数が伸び、ファンも増えるため、定期的数多くの自作動画が公開されているんですよ。

YouTuberが投稿している自作動画は、だいたい次のような分類があります。
生命保険法人や通信勉強企業がリサーチしている最近の「小中学生の我が子たちが今後なりたい職業順位」に、YouTuberが入っている事もあります。

それほど小中学生やフレッシュな世代にとって、YouTuberは常に動画で視聴可能な意識の影響なんですね。
そして、このところではCGやイラストのキャラクターとして動画を投稿する「VirtualYouTuber(バーチャルユーチューバー、Vtuber)」や、テレビで活躍する芸能人がYouTubeに動画を投稿する事もあります。

YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組みや平均年収は?

2020/02/06YouTuber(ユーチューバー)の平均年収YouTuber(ユーチューバー)の収入源は広告収入です。

また、Googleから表彰されたYoutuberの平均年収は800万円と言われています。
YouTuberは息子のなりたい職業順位でも上位にランクインするなど、現在流行の職業です。

そのようなYouTuberは、どんな仕組みで稼いでいるのでしょうか。
この投稿ではYouTuberが稼ぐ仕組み、平均年収、稼げる分類などを詳細に解説していきます。見過ごせない「1リユースあたりどんだけなの?」といった質問点もすべてお答えしていくので、何とぞポイントにしてください。

広告収入YouTuberは、広告収入で稼いでいます。
皆さんも経験あると考えますが、YouTubeで動画を見ようとすると、最初に広告が流れます。
あの広告を皆さんのようなYouTubeのユーザーが見る事で、YouTuberにお金が入ってくるのです。仕組みは以下のようになります。

会社がYouTubeにお金を入金自社の製品の告知を申し入れYouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する視聴者が広告と動画を見る動画の補修回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える今頃はオンラインが発達していますので、会社もテレビCMによる告知だけでなく、YouTubeでのPR活動も行うようになりました。

会社がYouTubeに広告広告料を決済、YouTubeはその広告PR料をYouTuberに支払うという関連が成り立っています。見た視聴者に対しアイテムやサービスをPRする事で、間接的ではありますが、会社側も利益を得ています。

「はじめしゃちょー」や「ヒカキン」のようなトップユーチューバーはUUUMというオフィスと契約をしており、オフィスとの分け前は以下のようになっています。