人気を疑い、トータル高い配当を狙う

行き当たりばったりの予想をやめましょう!!「何となくこの馬が来そうな気がする」という勘を頼った予想が分かり易いですが、仮にこれで的中したとしても、次回以降も同じ結果が起こりにくいと思います。

つまりトータル収支の問題です。
必要なのは1レースを勘で的中させるギャンブルでは無く、長期的に利益を積み上げて安定させる投資方法だと思います。

そのために明確な根拠に基づく予想をし、試行回数を重ねれば必ずプラスになるという期待値の高い予想をかんがえなければいけません。明確な根拠とはどのように用意したら良いのでしょうか?明確な根拠、それは膨大な過去の統計データです。データは決して嘘をつかなく傾向を知ることができます。

過去の結果を蓄積した事実であり、勘や雰囲気といった、不安定な要素、分かりにくい物では無く、常に予想の軸とし主旨を決めることが重要です。でも、問題があります。本当に多くの方がデータを使った予想をしています。

JRA-VANやTARGETなどの競馬ソフトの普及し、誰でもスマホを持つようになった今、馬券もインターネットで購入可能出来ますし、データを集める事も比較的簡単に出来る様になりました。

つまり、ただデータを使って予想するだけでは、大多数の一般参加者と同じことになってしまいます。このままの予想だと、投資にはなりません。

例として内枠有利とデータが出ているコースで逃げ馬でレースをし、これはチャンスと思ったところで、今の時代大多数の参加者がそれを知っています。
そのため実力以上に内に入った逃げ馬が評価され、オッズが低くなるのです。

そのような馬券を購入してしまうと期待値も低く、リスクに見合ったリターンが得ることができません。投資ならここで、逆に過小評価されている外枠の馬を狙いに行くことです。データはただその数字に従えば良いという物では無く、データを持っている人間がどう動くかまで予想し、臨機応変に応用して行くのが投資のポイントです。

勝ちやすい馬を探して賭けるのではなく、かけた金額に対して高い期待値が見込める馬に投資をする事で、回数を重ねればしっかりプラスの収支を出すことが出来る、これこそが投資競馬になると思います。

それは簡単に身に付く技術では無く、長く競馬予想に関わり、試行錯誤しながら何度も失敗し、身銭を切った上でようやくたどり着くことが出来る境地なんだと思います。なんといってもお金を失いたい方なんていらっしゃいませんよね。

到達するまでに失うお金と時間を出来る事なら少なくしたいものです。
競馬は人気は過大評価があるため、人気馬をいかに外し、実力馬を買うこそ投資競馬として重要なことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする